続くめまいとつらい首

原因不明のめまいが続き6ヶ月前からほぼ外出が出来ない状態だった女性。夜になるとクラクラがさらにひどくなるので薬を飲んでから眠る毎日。それ以外にも首と肩の痛みや腕のしびれもあり、病院ですべて検査済、カイロプラクティック、整骨院といろいろ通われたそうです。病院では後頭骨と頚椎1番が癒合しているとの診断があり、あまりにつらいので一時的にでも楽になりたいと仙台までブロック注射を受けに行ったとのこと。症状を聞いているだけも、どれだけつらいのか想像にあまりあります。

ノーマルで全く力がはいらない状態で反射テストはとらず、プロムラインでの揺れが大きくカテゴリーⅢ、特に左への体動が大きい。左右の上後腸骨棘の高さが全く違く、骨盤の問題もあり。背骨もストレートで4年前はぎっくり腰など腰痛で悩まされたとのことです。左側を下に横になるとめまいがひどくなるというので、注意しながらゆっくりと全身の調整、カテゴリーⅢのブロック、胸郭解放テクニック、クラニアルセラピーを行う。頭蓋の縫合や首の変位など気になる所がたくさんある。

2回目は3日後。全身調整と椎骨の矯正、アームフォッサは陽性で骨盤矯正とクラニアルセラピーを時間をかけて行う。左側の頭頂骨が気になる。

3回目は3日後。めまいがおさまってきているとの嬉しいお声。さらに左側を下にしても大丈夫そうなので、左肩を触ると肩甲骨が硬く固定されていたが、調整していくと少しずつ動くようになった。4回目にいらした時は、肩がとても楽になったが、その分首がつらく感じてしまうとのこと。5回目では腕に力が戻ってきて検査がとれるようになる。夕方に首がつらくなるが、めまいはほぼ落ち着いているとのこと。

6回目にいらした時、「デニムの金具が右側だけあたって痛かったところがあったのに、気にならなくなったんです〜」と嬉しそうに教えてくれたので、確認してみると上後腸骨棘の高さが左右そろっていて、姿勢もきれいに整ってきている。何よりもめまいがおさまっているので嬉しいですね。

2クールまでは1週間ごとに来院していただき、その後はこまめなメンテナンスでずっと通っていただいています。

来院時の骨格の状態を振り返ると、頭蓋骨(頭頂骨)から足の先まで・・身体のいろいろなところが複雑にひっぱりあっているようなイメージで、重力をうけながら立っていても座っていても身体(主に頭)を支えていること自体、相当に苦しかったのではと想像できました。ましてや、めまいが始まってからは、動けない状態で下半身の筋力もおちていったわけですから。全身を触らせていただいている私だから感じることで、見た目には全く普通と変わらないので、まわりの方にわかってもらえなかったということも考えると、本人のつらさははかりしれません。よく頑張ってこられたと思います。

現在も驚くほどの回復力で、幼少から問題のあった頚椎が大人になって正しい位置へ戻りつつ、左右差があった胸鎖乳突筋の太さも均等にになり首のラインもきれいに整っています。全身の骨格が整ってきているからか、後頭骨付近の苦しさも今は落ち着いていて、触るとゆるんできています。まだまだ変化しそうですね。そして、バランス良く筋力をつけたいと数ヶ月前からヨガも始められ、さらにキレイと健康を一緒に目指しています。いつまでも応援させてくださいね。