足首の痛みとヘルニア 

2年前から続いている足首の痛みが主訴です。当院に来院された時は、足を床に着けることさえままならないような状態で、不安定にピョンピョンと歩いていました。レントゲンMRIをとって、アキレス腱付着部の炎症という診断。その他にも、昨年2回のぎっくり腰とヘルニア、背骨の側弯、変形性膝関節症と、聞けば聞くほどいろいろなつらい症状が重なっています。

今回の主訴は足首の痛みですが、腰痛に関しては、長期にわたる痛みと向き合っていて、数年前に専門病院にて1ヶ月弱の治療入院、その後も数年、毎週のように他県までカイロプラクティックに通われていて、1日2回施術を受けられていたとのこと。

どれだけつらかったのでしょう。そんな状況でも「治りたい!」という気持ちは強い、頑張り屋さんの女性です。少しずつ、一歩ずつでも元気な体へ戻れるように、一緒に頑張りましょう!と検査からスタート。

 

検査は腕に全く力が入らず、初回はとれませんでした。全身を調整するために触れてみると、いたるところに痛みが走ります。背中のハリ、胸椎、腰椎の変位、触ると「ひゃ〜」と神経にさわるような鋭い痛み、股関節痛etc・・・ 状態を確認しながら全身調整と椎骨の矯正、自律神経調整とクラニアルセラピー。うつ伏せから仰向けになるのにも痛みを感じ、自分では腰を動かすことができず、洋服の端を引っぱりながら少しずつ体勢を変えます。どれだけ長い間、痛みに耐えてきたのでしょうか。それでも、施術後はニコニコ、愛らしい笑顔で予約をとられていきました。ほっと一安心。

 

2回目検査がとれるようになり、カテゴリーⅡ骨盤に問題あり。全身調整、椎骨、骨盤矯正、クラニアルセラピー。ずっと飲み続けていた痛み止めともさよならしました。3回目来院時は、施術した次の日に調子がよく「いろいろ歩き回ってしまいました」と、また痛みがぶりかえしたり。
その後は、週2回の施術から間隔があいていき週1回に。揺らぎながらも、少しずつ良い状態へと変化。
何よりも地面に足がちゃんと着けて、体を支えながら普通に歩けるようになったことが嬉しいですね。
2クール目で足首の痛みは改善。3クール目には側弯していた背骨もまっすぐ整いカテゴリー1へ。
 
現在は1ヶ月に1回のメンテナンスへ移行。日々のゆらぎで痛みが出ることもありますが、その度に自分の身体を内観し、様々なストレッチを行いながらケアを続けてくださっています。来院の度に、「身体のこと」を一緒に話していますが、この動きをすると骨がこう動くとか、神経が・・とか、結構コアな内容の会話を楽しんでます

つらかった身体が「スッ」と楽になった時に、嬉しい言葉をいただきました。「10年前に出会いたかったです」という一言。それは、私も一緒です。私の整体師デビュー遅すぎました!(笑)

 

痛みを抱えながら、自分の身体の状態を客観的にとらえることは、とても難しいことだと思います。だからこそ、あなたの身体と関わっていく整体師にいろいろ質問することで、自分の身体をより知ることにつながり、これからの身体との向き合い方のヒントになります。

また、あなたが不安に感じるていることなど、心と身体の情報もより知ることが出来るので、施術にも役立ってきます。曖昧に返事をしたり、その質問に応えられない整体師に、あなたの身体を任せることは難しいかもしれません。

あなたの痛みに一緒に向き合い、その変化を一緒に喜んでくれる人に出会えますように。