home

私たちの体に 痛みやつらい症状が起こったとき 治っていく力は自分の中にあります 

自らの生命力 免疫力 自然治癒力によって 回復し 症状が改善していくのです

その原動力となるのは 脳の力 「自律神経」

自律神経の活性化は 脊柱・骨盤はもとより 頭蓋骨の形態 全身の体液循環など 身体の機能的な改善をはかり 自然な形で可動性やバランスを回復させていきます これは 生命力が上がったことによる身体の変化です

生命力が高まると  =  元気になる  健康になる
 

CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)で考える健康の定義は 「脳(自律神経)が必要十分に活性化できる状態であること。末端で起こっていることは神経を通し 即座に脳に伝達され その刺激を受けて脳が活性化し 末端を適切にコントロールしている状態であり そして 身体の60%以上を構成する水分が滞りなく循環し うっ滞していないこと」

単純に 「痛いところがなくなった」「つらい症状がなくなった」が 身体の健康とは考えていません

生きている  =  動く  常に変化する  変化を感じる 


私たちには 陽気の変化にも適応できる力があり 様々なストレスにも負けない力があります 

生きている限り その変化によって 不調があらわれることもあるけど 私たちには 回復する力があります


その原動力(自律神経)を発揮させるために CSFプラクティスが大切にしているのは「脳呼吸」です

※脳呼吸とは・・頭が大きくなったり小さくなるリズム(1分間に10回~15回)のことを第一次呼吸システムといい 私たちはこれを脳呼吸と呼んでいます 詳しくはこちら



身体のことを知り 上手にこの身体とつきあい 大切にしていくための 確立された理論と それをもとに行われる世界初の療法が CSFプラクティス(脳脊髄液調整法)です     


生まれ持った身体は ひとりひとり違うからこそ 正しく使われる 人の「感覚」と 人の「手」で行われる手技療法の技術が 必要とされています    






治る力は あなたの中にあるのです