脳呼吸について

一般的に知られていないことですが 呼吸には肺呼吸(第二次呼吸)の他に 脳の呼吸(第一次呼吸)があります

脳脊髄液が頭の中でつくられて それを全身に巡らせるために 頭から排出することを繰り返しています それにともなって 頭は膨らんだり 縮んだりを繰り返すことを「脳呼吸」と呼んでいます 脳が正常に呼吸するためには 十分な血液が 頭に届けられることが必要です 

脳呼吸は 1分間に15回くらい行われています 脳呼吸にしたがって 肺呼吸が起こってくるため 本来であれば 肺呼吸も同じ回数行われるのですが 体内圧迫ストレスにより 脳脊髄液の流れがスムーズに行われにくいため 実際には呼吸数や心拍数の回数が増えています

人が生きていくためには 肺呼吸も心臓による血液循環も大事なものですが 脳呼吸は脳脊髄液の流れによって その両方をコントロールする役割を担っているのです