ソフトブロックの効果

医療が認めるソフトブロックテクニックの効果

ソフトブロック


ソフトブロックテクニックにより 脳の圧迫ストレスが減ると 脳血流が増加し(レーザー組織酸素血液モニターで実証) 脳が広範囲にわたり活性化される事が証明されています


元・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科助教授の横山幸三先生(現・横山全身管理センター所長)の協力で行われたソフトブロックを用いた実験では、脳血流量が約25%上昇し、さらに脳に酸素が運ばれた結果、酸素量(ヘモグロビン)が35%も上昇したことも確認されたのです。これは脳の活性化を示しています

また 第三者機関の脳の研究施設においてfMRI(磁気共鳴機能画像法)による測定では脳全体の活性化が映像によって確認もされています (下図)

施術による脳の活性化は史上初、世界初の快挙であり、人の生命力、免疫力のアップを意味します

✳︎「脳の呼吸」を整えればあなたの腰痛は消える!より一部文章を抜粋

それ以外のデータとして 高精度体成分分析装置で驚くほど 体液の水分移動が起きていることや 3Dセンサーにより 頭蓋骨の大きさの変化を精密に検査し 頭蓋骨が縮小したことが証明されました 検査技師の方が その変化に驚き 「機械が故障したかと思った」ということ

第三者機関の検証データをもっと詳しく知りたい方は協会のHPをご覧ください →  PCA協会HP



homeへ