なぜCSFプラクティス?

人間の身体のとらえ方  

西洋医学では 専門分野の研究は進んでいますが 「身体全体をひとつとして とらえていくこと」や 「ひとりひとり違う身体の個性(生まれ持った身体)をみる」ということは苦手な分野です

CSFプラクティスでは 西洋医学の解剖生理病理学を基本としていますが 身体のとらえ方に違いがあります 

「身体全体がつながっている」ということが根本にあり 内臓筋肉の反射や 体の中の膜がねじれた時のストレスなど すべての関連性から症状の原因を追求しています

 

また 生きていくうえでの身体のメカニズムとして 先天的なこと(生まれる前からの歪みなど)から始まり 重力や気候の変化など外から加わるストレス 組織の老化や蓄積疲労 体内ウィルスなど 私たちの身体への影響が研究されていて 本当の意味で自分の身体を大切にしていくために必要なことを伝えています

❇︎ CSFプラクティスは 100年以上にわたるオステオパシー S.O.Tの系譜に基づき さらにそれを進化させた理論と最先端の療法です  神経・体液・内臓・骨格・筋膜などのすべてをひとつに統合した根本的に治るための方法です


身体は人の形をした水風船

CSFプラクティスでは 身体の構造を「人体は水の入った大中小さまざまな風船(袋)の集まりととらえています 

弾力のある皮膚の下には 伸縮性のない結合組織(コラーゲン)の深筋膜があり これが全身を包む大きな袋  その中に脳・内臓や骨・筋肉等の器官を包む中位の袋があり 更にその中には細胞という小さい袋があって 細胞の外も中も水で満たされています(気管、肺を除く)  それぞれの袋(各臓器、器官など)は ヘチマ様(網の目状)の線維で結ばれ 隙間を水分(体液)が流れています 

私たちの身体は 大中小の袋の集まりでできていて その袋があっちに行ったりこっちに行ったりしないように 全部つながっています

身体は全部つながっているため 一番外側の大きな袋に圧力を加えると 当然ですが袋は変形します 袋が変形するというのは 中に入っている水分に圧力が加わると 水分の移動が起こって細胞に圧力が加わり ヘチマ状につながった すべての袋が変形するということになります

 

肺の呼吸を例にしてみると・・息を吸うと「肺が膨らむ = ひとつの袋が変化する」 その袋の変化は すべての袋の変化につながり 大きな袋を始め 身体の中では圧力変化が起こります  膨らんだり小さくなったりする袋の変化は 全身の血液の流れなど体液の移動にも役立っているのです 

 大きな袋は生まれる前からねじれている

私たちの身体はひとりひとり違います 全く同じ身体を持った人はこの世界にひとりもいません そして 歪みのない状態で生まれてくる人もいません 生命力の強さや体質は 親からもらった遺伝子と 体の歪曲による圧迫ストレスにより 決定するのです

  

この外側の大きな袋は 先天的な頭蓋骨の歪曲によって すべての人がねじれた状態で生まれてきます それは 中にある袋も捻れていることになり そこでは圧迫ストレスが加わるため 神経伝達や水の流れが滞りやすく 内部環境に影響してきます(成長段階では発育に関係) そのため  自律神経は このねじれた袋による圧迫ストレスが一ヶ所に強く加わらないように 最大限の反応を示し 懸命に防御することで 水をスムーズに流れるようにコントロールしているのです

 

後天的には疲労や老化によるもの 例えば 蓄積疲労による機能低下などで 末端の器官でのむくみが生じると 脳脊髄液の吸収が悪くなり 頭からの脳脊髄液の排出がスムーズに行われにくくなります そうすると 頭蓋内に脳脊髄液がうっ滞して 頭が膨らんだ状態になります

 

頭が膨らんだ状態は 脳への圧迫ストレスとなりますので 自律神経機能の低下 さらに 全体の体液の流れが悪くなり 全身を包む深筋膜も膨らむため 器官・組織・細胞すべてに圧迫ストレスが加わってくるのです

 

体液循環が悪くなる 神経伝達が悪くなることは 免疫力低下の状態です

 

その結果として 頭が大きくなったまま 脳に圧迫ストレスが持続的に加わると 頭への血流が悪くなり 生命活動が行われる自律神経や 脳幹の部分がしっかり働いていくことが出来ないということが起こってきます

 

また 脳の血流の低下は 慢性疲労症候群などの さらなる身体の不調を引き起こします(※2000年以降の傾向として HHV-6などの体内ウィルスの影響により 著しく脳血流の状態が低下している)


神経伝達と体液循環の滞りの原因となるもの・・・先天的な歪曲 浮腫・炎症に伴う腫脹 脳機能低下による全身の緊張や変性などによる体液の通過障害(硬くなっている状態)を 体内圧迫ストレスと呼んでいます この状態と生命力低下(疲労)が長く続くと さらなる組織の老化(硬化→萎縮)となります  それに伴い 人間の身体には補正と適応が起こるため 身体は全体的に変化してきます  
また 体内の圧迫ストレスが強い場合 外からのストレスにより 体調が左右されやすくなります  

ストレスについて




どこに行ってもだめ 何をしても良くならない症状を改善していくためには 自分の持っている生命力 回復力を最大限に発揮する必要があります

CSFプラクティスでは 大きく硬くなった頭を 小さくして 柔軟性を回復させることで 頭への血流を改善し 脳(自律神経)を元気にすること  そして 全身に対しても 大変やさしい協調的な押圧により 体内の圧迫ストレスを和らげ 全身に巡る体液の循環を促すことで 生命力を高めていきます 

人の手を使って あなたの治る力を高める とても自然で 身体にやさしい療法なのです